東海ステークス2017予想 最終結論~本命グレンツェントから3連系で勝負!~

スポンサーリンク

まずは厳選3レース予想のお知らせから。

先週の4日間開催の厳選3レース予想はトータルで12戦5勝!!

重賞予想も3戦2勝で、個人的には10万円弱くらいのプラスで終えることができました。くわしくはこちらをご覧ください⇒
4日間開催的中ラッシュのご報告

今週もこの調子で1月開催を締めくくりたいところです。

本日のレースラインナップはこちらです。

●京都10R 山科ステークス ダート1200m(15:00発走)
●京都11R 石清水ステークス 芝1400m(15:35発走)
●中山12R 4歳上1000万下 芝1800m(16:20発走)

買い目や買いの根拠もたっぷりと書いていますので、読むだけでも参考になる内容となっています。

ご購読はこちらからアクセスしてください。
けいば手帖【note版】

1日300円(1レース100円換算)になりますが、買いの根拠や馬券の買い目まで詳細に書いていますので、それ以上の価値をもった内容になっている自負があります。

では、遅くなりましたが、東海ステークスの予想へ。

東海ステークス2017予想 最終結論

ここもアメリカJCCと同様、一番人気でもグレンツェントを信頼します。基本的に前有利な中京コースですが、アスカノロマンやピオネロが前でけん制しあいそうで、この馬向きの流れになりそう。差し足は4歳世代ではトップの確実性があります。横山騎手のテン乗りというのは、脚を測るような騎乗をしそうで、1着狙いという感じはないと思いますが、それでも馬券圏内にはくると考えて本命にします。

相手はピオネロ。川須騎手への乗り替わりは若干不安も。馬自体のポテンシャルは相当なもの。特にシリウスSでは直線寄られる不利を受けながらしっかりと伸びてきました。休み明けでも、まだダートで底を見せていないこの馬があっさり勝ち切るシーンもありそうです。

3番手も素直にアスカノロマン。中京での安定感もありますし、冬場に調子を上げるタイプ。最内枠からでも経験豊富なこの馬ならしっかりと走ってきそうです。

正直この3頭は強いと思います。ただ、少し荒れることを期待してみて、以下の3頭を上げておきます。

1頭目は、穴ではないですが、インカンテーション。さすがに骨折明けの前走は敗退してしまいましたが、それでもきっちりと先行できたことは収穫。2戦目で前進見込めます。

2頭目は、人気ブログランキングへ。相手なりに走れるタイプなのですが、この2戦は距離や相手が悪く惨敗。それでも中京のこのコースに戻ればこの馬の持ち味を発揮しそうです。

3頭目は、ロンドンタウン。さすがに前走の武蔵野ステークスではスピードについていけず負けましたが、2走前の勝ち方はセンチュリオンを突き放す強い内容。距離も伸びたほうがよさそうで、差し込んで来れるチャンスはあると思います。

結論
◎グレンツェント
〇ピオネロ
▲アスカノロマン
△インカンテーション
人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在17位くらい。お手数おかけします!)
△ロンドンタウン

馬券
グレンツェントを信頼して、3連複の軸に据えた馬券で勝負します。ただ、印上位3頭での決着は配当的に魅力がないので、3連単2点で勝負します。あとは△が3着に来たらという、ボーナスも買っておきます。
3連複:◎ー〇▲ー△(6点)
3連単:◎〇⇒◎〇⇒▲(2点)、◎〇⇒◎〇⇒△(6点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です