有馬記念2016出走予定・予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料(後編)+買ってはいけない!馬

スポンサーリンク

早くも本日、有馬記念の枠順が発表されました。

ざっとしか見てないですが、ポイントはこの2つくらいでしょうか。

・1枠1番にJCと同じくキタサンブラック
・8枠16番に去年と同じくマリアライト

ほんとに、キタサンブラックは最内枠を引きますねw。これでおそらく1番人気はゆるぎないものとなったでしょう。ただ、昨日挙げたこの馬の不安点は、そのままのような気がします。
詳しくはこちらから⇒有馬記念2016出走予定・予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料(前編)+穴馬

そして、マリアライトの大外枠に関してもそこまで割引する必要はないと思います。馬群の中で進めるよりは外でのびのびと走らせた方がいいタイプ。前走のような不利を受ける心配(言い訳)もする必要がないでしょうし、去年もこの枠からしっかり4着に好走。ペースが速くなれば、外枠の距離ロスも少なくなりますし、最後まで地力で伸びるこの馬の出番もありそうです。

では、有力馬の買い材料&不安材料の続きです!

チャンピオンズカップ2016予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料※()内の予想オッズはオリジナル概算

●サウンズオブアース(9.0倍)

買い材料(^_^)/

・G1で2着3回。現役随一のシルバーコレクター。

菊花賞で2着。去年の有馬記念で2着。前走のジャパンカップでも2着。実にG1で2着が3回と勝ちきれないながら、どんな相手に対してでも健闘できるのがこの馬の強さです。引き続きこの秋もG1で変わらぬ勝負強さを見せてきたデムーロ騎手が鞍上ですし、去年の再現も十分あるでしょう。

不安材料(-_-;)

・立ち回り力勝負の馬で、ハイペースになると。。

ここまで2着が多いのは、突き抜けた能力がない裏付けでもあります。瞬発力も持続力もそこそこあるのですが、他馬を屈してしまうほどの爆発力はありません。そして、このそこそこの能力を下支えしているのが立ち回り力です。去年もロスのない競馬から上手く直線をさばき伸びてきました。ジャパンカップでも自在に馬場のいいところを選べた、デムーロ騎手の完璧な騎乗が2着という結果を生み出しました。JCや去年の有馬のようなスローペースの立ち回り戦なら出番もあるでしょうが、今回はマルターズアポジーが逃げる展開でそこそこ早くなりそうです。底力が問われる展開になれば厳しいでしょう。

●シュヴァルグラン(12.5倍)

買い材料(^_^)/

・成長著しい遅咲きのスター候補

去年のこの時期はようやく1600万下を突破した直後。その後は、日経新春杯2着⇒阪神大賞典1着⇒天皇賞春3着と一気にG1候補へと駆け上がっていきました。宝塚記念では崩れたものの、この秋はアルゼンチン共和国杯1着⇒ジャパンカップ3着と再びG1で馬券圏内に入着。

遅咲きの血統だけに、まだまだ成長の余地も残しているでしょう。2500mと前走よりも距離が延びるのはこの馬にとってはプラス。条件好転とたたき3走目の状態アップで挑める今回は、JC以上の結果への期待が持てます。

不安材料(-_-;)

・たった3週間で骨折から復帰する福永騎手

しかし鞍上は、今月初めの落馬で鎖骨骨折したばかりの、たった3週間で復帰する福永騎手。手術で骨をくっつけてリハビリも積んだとは言え、ちょっと早すぎる復帰のようにも感じます。

騎手の回復力は尋常じゃない速さと言われますが、過去にも2010年武豊騎手が落馬事故からダービー復帰に急いだために後遺症が残り、その後の不振につながりました。そのときのケガに比べれば鎖骨骨折は軽度の部類に入りますが、うーんどうなんでしょうね。まず「万全の状態ではない」ということは確かだと思います。

●マリアライト(15.8倍)

買い材料(^_^)/

・春のグランプリ優勝馬。去年も大外枠から差のない4着。

この馬のベストパフォーマンスは今年の春のグランプリ宝塚記念。タフな流れでも粘りこむキタサンブラックと、当時現役最強と謳われたドゥラメンテの争いに加わり外から差し切りました。タフな馬場や流れはもってこいのタイプで、牡馬でさえ音を上げる展開になればなるほど力を発揮します。

さらに中山2500mは去年の有馬記念で4着。その前の1000万下でも圧勝していて得意の舞台です。G1らしい厳しい流れになればなるほど力を発揮しますし、牡馬相手でも関係ありません。去年は緩い流れの中で大外枠から4着というのは最も強いパフォーマンスだった評価できますし、今回マルターズアポジーの逃げでペースが速くなれば、去年以上の結果は見えてくるでしょう。

不安材料(-_-;)

・ピークは過ぎたか?牝馬の不調は長引く。

宝塚記念を制覇した後、この秋はオールカマーで復帰。しかし、ゴールドアクターに負けるには仕方ないにしても、伸びあぐねて5着という結果に、春の面影は感じられませんでした。続くエリザベス女王杯では1コーナーでの不利があったとはいえ、牝馬相手に6着では春からのパワーダウンは否めません。

一般的に牝馬のピークは短く、一度調子を崩すと立て直すのは牡馬より難しいとされています。来年はもう6歳を迎えるこの馬も、そろそろ衰えが見え隠れする時期。去年以上のパフォーマンスを望むのはコクなのかもしれません。

ーーーーーーーーーー

以上、有力馬6頭についてみてきました。ほんとは人気薄馬ももっと取り上げたいのですが、時間が無くてすいません。詳しくは日曜日に更新する最終結論にて書きたいと思います。

最後に有馬記念の「買ってはいけない!馬」はこの馬!

先週は圧倒的人気のミスエルテを指名して、(ぎりぎりでしたが)4着に。今週もこの馬をズバッと切る予定です!

この馬です⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在12位くらい。お手数おかけします!)

その理由について詳しくはまた明日。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です