有馬記念2016出走予定・予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料(前編)+穴馬

スポンサーリンク

どうでもいい話なんですが、競馬をよく知らない小学生の時は、有馬記念って「有馬温泉の記念」だと思ってました。

有馬温泉は地元の西宮市にも近く、やっぱり有名なんだなぁ。年末はやっぱり温泉だよなぁと勝手に思ってました。

なので、人の名前と知ったときはちょっとがっかり。でも、名前がこういう形で残るというのもうらやましかったり。

そして、当初の名前だった中山グランプリじゃ味気ないですしね。やっぱり「有馬記念」っていうのは漢字的や音の響きも格調高く大一番という感じがします!(著者個人の意見です)

さて、今日は有馬記念出走予定の有力各馬の買い材料&不安材料を見ていきたいと思います。

チャンピオンズカップ2016予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料

●キタサンブラック(2.8倍)

買い材料(^_^)/

・2016年は天皇賞春・JC制覇。充実期を迎えた中長距離チャンピオンホース

この馬にとって今年は実に充実した一年間でした。春の天皇賞はカレンブラックヒルに交わされたところをもう一伸びして完勝。宝塚記念はタフな馬場でのハイペースで3着に敗れてしまいましたが、それでも前でただ一頭粘ったスタミナは一級品でした。夏を越しての京都大賞典は軽い馬場での瞬発力勝負を制し、ジャパンカップは得意なタフ馬場で危なげない勝利を収めました。これで、2400m以上のG1を3つ目。無尽蔵のスタミナは中山の2500mで存分に生かせますし、今回も威風堂々とした競馬がみられるでしょう。

不安材料(-_-;)

・マルターズアポジーを捕まえに行く一番手

ただし、今回は快速逃げ馬のマルターズアポジーが参戦してくることがポイントになりそうです。十中八九、マルターズアポジーがどの枠に入ろうが逃げることは確実。しかも、少々突き放しての逃げになると思います。そこをとらえに行くのは人気馬で前に構えるキタサンブラックの仕事。そうなると、後ろの馬たちの標的になることは確実なので、楽逃げを許してしまったジャパンカップとは異なる展開になるでしょう。後続馬に一気に来られて、あわや馬群に沈んでしまうシーンもあるかもしれません。

●サトノダイヤモンド(3.0倍)

買い材料(^_^)/

・ハイレベルな3歳馬のトップホース

折り合い良し、距離適性良し、最後の切れ味良し。今年の3歳馬はハイレベルと言われていますが、その総合力でこの馬にかなう馬はいません。マカヒキ、ディーマジェスティがこの秋惨敗してしまったことからも、今や3歳馬のトップホースはこの馬でしょう。菊花賞からのローテーションも、オルフェーブルやゴールドシップなどの勝ち馬を生み出していますし、勢いに乗った3歳トップホースが古馬勢を一気に封じてしまう条件は整っています。

不安材料(-_-;)

・京都⇒中山はこの馬にとってマイナスか?

菊花賞を制したとはいえ、あくまで舞台は京都の外回り。この馬自身、きさらぎ賞やダービー、神戸新聞杯など、直線の長いコースでしっかりと足を貯めて伸びきる競馬では2着を外していませんが、唯一3着に沈んだのが中山競馬場が舞台となった皐月賞です。もちろんその時は超ハイペースに巻き込まれて、後続に差されてしまったという言い訳もできますが、自分の競馬がしにくい競馬場だとも言えます。京都からの中山替わりはこの馬にとって決してプラスではないことは、考えておきたい要素です。

●ゴールドアクター(6.8倍)

買い材料(^_^)/

・日経賞&オールカマーを制した中山は得意。連覇も。

言わずと知れた去年の有馬記念馬です。その去年のレースでは、しっかりとうちで足を貯め、直線スムーズに進路を見つけると、すっと伸びて前のキタサンブラックを捕らえて、サウンズオブアースなどの後続馬たちを封じ込めました。器用な立ち回りもできることもこの馬の強みで、その立ち回り力が生きるのが中山のコース。今年も日経賞やオールカマーなどを制したことからも得意の競馬場です。祖父のグラスワンダーも中山競馬場を得意にしていた馬。祖父同様に、グランプリ連覇への可能性も十分にあるでしょう。

不安材料(-_-;)

・馬体増が目立つ昨今、状態面は?

しかし、勝った去年のような状態にあるのかが不安。前走のジャパンカップではデビュー以来最高馬体重のキロでした。4着に敗れたジャパンカップレース後、吉田隼人騎手も「多少重かったかもしれません」というコメントを残していて、馬体重増が去年の切れ味をそぎ落としているのかもしれません。もし、馬体重がさらに増えているようなら、これも祖父グラスワンダーの最後と同様。去年の力を出せずに終わってしまうような気もします。

本日はここまで。後半は、明日か明後日にでも。仕事の状況に寄りますが、、、、(すいません。)

最後に有馬記念の穴馬として挙げておきたいのはこの馬です!

この馬です⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在12位くらい。お手数おかけします!)

ハイペースになったところを、貯めて貯めて弾ければ面白い存在でしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です