有馬記念2016回顧~レース史上屈指の名勝負~

スポンサーリンク

ついに有馬記念が終わり、2016年の中央競馬が幕を閉じました。

皆さんにとってはどのような有馬記念、そして有馬記念ウィークの競馬だったでしょうか?

私としては、ここで先週・先々週のように的中報告をしたかったのですが、今週末の厳選3レース予想がダメダメだったためにできません。

金曜日こそ阪神11Rでズバッと的中できたものの、土曜日・日曜日は的中ゼロという一番大事な時期に最低の結果となったことを非常に申し訳なく思っています。

すいませんでした!!

これに懲りずに来年もまたお付き合いいただければありがたいと思っています。ただ、厳選3レース予想はその日のバラ売りですので、もちろん「買わない」こともできます。私としては期待に応えたい一心で予想していますが、的中実績ありきの予想だと思っていますので、買わないという皆様のご判断は甘んじて受け止めます。

年始の競馬は1月5日(木)の金杯からスタートします。

平日での開催になりますが、前日仕事から帰った夜の間しっかり予想して朝までには厳選3レース予想を更新する予定ですので、よろしくお願いいたします。

では、有馬記念の回顧をしていきましょう。

有馬記念2016回顧

私的に有馬史上ベスト5に入る名勝負でした

前半1000mの通過タイムが1分1秒0。宣言通りマルターズアポジーが後続を突き放して逃げ、G1らしい引き締まった流れになりました。

その5馬身後方から、マイペースで進めるキタサンブラック。ジャパンカップの時と同様にゆったりマイペースだったように感じましたが、向こう正面途中から様相が一変!

サトノノブレスが一気にあがっていき、キタサンブラックをつぶすような動きをとりました。キタサンブラックは結果的に、そこで早めに動かざるを得なかったために、最後脚を鈍らせた要因につながったとのこと。サトノダイヤモンドを勝たせるためにとった作戦が見事にハマった形ですが、このような組織的に作戦を実行するレースというのは、あまり日本では見られないので新鮮でしたね。

サトノノブレスが進出した後ろをサトノダイヤモンドが上がっていき、4コーナーではキタサンブラックをしっかりとマーク。その後ろからゴールドアクターが進出し、直線の入り口では人気上位馬3頭が横並びになりました。

そこからの追い比べは見ごたえ十分。年末総決算レースにふさわしい実力馬たちのデッドヒートになりましたね。

その中、サトノダイヤモンドは坂の途中で一歩遅れをとりました。やはり坂は苦手なのか、ここでは正直前をとらえられないかと思いましたが、坂を上り切った後にグンと伸びて最後は一気に差し切りました。

坂を上ってからの残り50mの脚はちょっと異常な速さだったと思います。やはりディープ産駒らしく京都のような平坦コースのほうがあっているのでしょう。中山でなければ、もっと強い勝ち方をしていたのかもしれません。

これでサトノダイヤモンドは、名実ともに現役最強馬の称号を手にしました。まだ3歳ですし、これからの成長も十分に見込めます。管理する池江調教師によると「来年の秋以降はもっと良くなる」とのこと。来年はキタサンブラックとともに凱旋門賞を目標にするという話もあります。凱旋門賞なら、キタサンブラックのほうに分があるような気がしますが、この馬も適応力は高そうなので、マカヒキのように崩れるシーンは想像できませんね。

馬券的には、◎サトノダイヤモンド⇒〇キタサンブラックの「馬単を厚めに!」と書いた通り、この2頭の1着・2着ならプラスになるように購入しました。ただ、消したゴールドアクターが3着になり3連系の馬券はとれませんでしたので、賭け金にちょっとしたプラス程度。

レース後は、迫力のある戦いを見られた充実感と、大きな馬券は取れなかった残念感が入り混じりましたが、総じて満足できる有馬記念ではなかったでしょうか。有馬の名勝負という点では、TTGやグラス・スペシャルあたりと比較しても、なかなか見劣りしない内容だったと思います。

買ってはいけない!と書いたゴールドアクターについて

一方、有馬記念の考察で書いた「ゴールドアクターを買ってはいけない!」の記事がかなり検索順位を押し上げたようで、実にそのページだけで5万PV以上になってしまいました。ほんと、無駄にプレッシャーが。。。

そして、結果は3着と馬券圏内に入ってしまい、これまた申し訳ありません。。キタサンとの比較する内容はたっぷり書いたので、キタサンにはかなわなかったのは正解だったのかもしれませんが、ほかの馬たちはゴールドアクターに追いつくことができませんでした。

体重もマイナス6キロと絞れて、ジャパンカップよりも反応がかなり良くなっていましたね。吉田隼人騎手も、武豊・ルメールのスター騎手の間を割る堂々した騎乗ぶりでした。

3着と4着が入れ替わってくれたら3連単が大本線だっただけに、、といっても仕方ありませんね。大完敗でした。。。

今年の有馬記念を見て、来年充実期を迎えそうなのはこの馬です!

この馬です⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在8位。お手数おかけします!)

さて、2016年の中央競馬は終わっても、2016年の地方競馬は続きます。

中央馬も多数参戦する交流重賞の2レース、水曜日の兵庫ゴールドトロフィーと木曜日の東京大賞典の予想はブログにアップする予定ですので、そちらもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

2 件のコメント

    • 悩んだんですけど、挑戦してみることにしました。もちろんその分、厳選3レース予想は毎回6時間~8時間をかけて予想していますし、その流れで重賞の好調ぶりにつながっていると思います。ご理解ください。よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です