チャンピオンズカップ2016予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料(後編)+ホッコータルマエ・タガノトネールの話

スポンサーリンク

昨日のニュースには驚きました。。。

まずはホッコータルマエが跛行でチャンピオンズカップを回避してそのまま引退。ケガでの引退というのは残念ですが、正直、個人的にチャンピオンズカップは前走JBCクラシックよりも厳しいと思っていたので、前走で往年の力を感じさせての引退はこの馬にとって良かったのかもと、ちょっとした安堵も感じました。

ただそのつかの間に、タガノトネールが調教中の骨折で予後不良という報せが。。。競走馬にケガはつきものですが、今回はあまりにも辛く寂しい結末でした。毎回このような事故を聞くたびに、競馬ファンとして私たちが楽しんでいる環境の下では、いろいろな苦労や危険、そして犠牲が払われていることを痛感します。前走は武蔵野Sをレコード勝ちしてのG1挑戦という矢先。今年の不振をここまで立て直したスタッフの苦労も伝わってくるだけに、いたたまれない気持ちになりました。ご冥福をお祈りします。

では、続きですどうぞ! ※前編はこちらから→チャンピオンズカップ2016予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料(前編)+FF15発売!

チャンピオンズカップ2016予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料(後編)

●コパノリッキー(6.2倍)

買い材料(^_^)/

・2100m⇒1800mへの距離短縮

この馬は、フェブラリーステークスを連覇したように、本質的にはスピード型のダート馬です。2000mの東京大賞典でも逃げ切りましたが、雨が降ってスピードが出る馬場だったことを考えても、スタミナを問われる要素は少なかったと思います。前走も4コーナーでは果敢にアウォーディーと競り合うも、直線に入った途端に失速。やはりスタミナが問われる展開になると厳しい面があります。そこで1800mに距離が短くなるのは、明らかに好材料でしょう。

・鞍上ルメール騎手

このレース、買い材料に鞍上強化を挙げるのは3頭目ですが、この馬もプラスに働くと思います。どんな馬もしっかりとその馬の力を引き出すことに長けた騎手で、どんな展開になってもそつなく乗りこなせます。対応力と操縦力こそが、この馬にとっては最も必要。どんなレースをするか今から楽しみです。

不安材料(-_-;)

・前が激しい展開になると。。

やはりスピード型なので、序盤から早い足を使いがち。去年のようにほかの馬に絡まれてしまうと、負けじと飛ばしてしまいます。今回も逃げるのが確実なモンドクラッセに、同じフェブラリーSを制したモーニンなどがひしめき、早めの仕掛けを余儀なくされることがあれば、一気に馬券圏外へ消え去ってしまう可能性もあります。

●サウンドトゥルー(10.2倍)

買い材料(^_^)/

・馬券圏内にきっちり絡む安定感

サウンドトゥルーのここ10戦の戦績は、(2,2,4,1)。明らかに展開が向かなかった、かしわ記念で敗れたのみで5着に敗れたのみで、そのほかはすべて馬券圏内。しかもこの10戦はいずれも1番人気に推されたことは一度もありません。追い込み脚質の馬でここまでの安定感を示せる馬はそういません。今回も配当妙味を考えれば、十分狙える馬といえます。

不安材料(-_-;)

・追い込み厳しい中京1800m

ただ、去年こそ異例のハイペースで3着に足を延ばして3着に来たものの、本質的には中京ダート1800mは追い込み脚質に厳しいコースです。しかも去年のようなハイペースになる可能性は、ホッコータルマエ、タガノトネールがいなくなってしまった今、望み薄。どうしても他力本願のレースになってしまうので、昨年の再現はなかなか難しいという見方もできるでしょう。

●モーニン(12.6倍)

買い材料(^_^)/

・日本テレビ盃でアウォーディーと接戦

主に1600m以下で結果を残してきた馬だけに1800mの距離が心配されていますが、1800mで行われた日本テレビ盃ではアウォーディーとハナ差の接戦。しかもアウォーディーとは斤量3キロ差があり、同じ条件なら勝利していた可能性も高かったでしょう。実力さえ出し切れれば、今回の1番人気馬以上の力を秘めていることを忘れてはいけません。

不安材料(-_-;)

・前走惨敗。もまれ弱い。。

正直前走で、この馬が馬券圏外に消え去るとは思ってもみませんでした。その敗因は、レースぶりからメンバーレベルではないことは明らか。調子落ちという点でも、それほど悪い内容の調教でもなかったために、やはり敗因は「もまれ弱さ」にあるのでしょう。馬群の中をついて上がっていくという闘争心なく、追ってもいやいやしながらレースを止めてしまっていた様子が、テレビからでも伺いしれました。アメリカ産馬にはこういったもまれ弱いタイプが多く、同じ父を持つアジアエクスプレスのように、不振のスパイラルに入っていってしまうか心配です。

予想オッズ順考察は以上です。そこで、買ってはいけない!という馬は

前編後編合わせて、買ってはいけない!と思う馬は?

この馬です⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在20位くらい。お手数おかけします!)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です