高松宮記念2018の展望など

スポンサーリンク

現在休暇中につき、奄美大島にきています。

今日でいったん成田に戻りますが、家には帰らずそこからもう一度南の方へ行く予定。これほどの長期休暇は、人生に何度もあるものじゃないでしょうから、のんびりふんわり楽しみます。

さて、今週末は高松宮記念。

正直、レッドファルクスが実力的にもローテーション的にも頭が一つ抜けていると思っていますが、ダンスディレクターなら逆転はあるかもといった見立てです。

レッツゴードンキは、去年2着でさらにスプリンターズSでも2着になった上に、さらにフェブラリーステークスで5着と好走してしまったために、ここでも人気が上がりそう。ただ、中々勝ち切れない上に、すでに6歳の春。上がり目という部分では、他馬に分がありそう。

ファインニードルも、前走のシルクロードSは前哨戦仕様のデキで完勝。ただ幾分1枠1番からスムーズな競馬ができたことが結果につながった部分もあり、そのあたりではどうでしょうか。

あとは、阪急杯を勝ったダイアナヘイローは、武豊騎手の完璧すぎる騎乗によるところが大きく、差しが届きやすい中京では厳しい気がします。

穴なら、人気ブログランキングへでしょうか。前走の敗因はわかりませんが、これまでのレースぶりから実力不足ということはないはず。中京の1200mでも結果を残していて、ネロが作り出すペースが超絶速くなれば当然この馬の差し足が活きるはずです。

まあ、詳しくは明日枠順が出てきてからですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です