エアスピネルのルメール頼みにがっかり+先週のリベンジホース!

スポンサーリンク

このところ意外と時間があるので、今日も更新します。

今日も注目の話題がありましたね。

「巨人の山口俊投手、病院での暴行疑惑。」

(巨人ファンの方、お察しします)

ではなく、、

エアスピネルがルメール騎手で札幌記念に参戦とのこと。

武豊騎手でも一度の失敗であっさりと乗り替わりということで、世知辛いというか、とにかく何でもルメール頼みの世の中というか。。

でも、一体どういう意図なんでしょうね。この馬の新味を求めたい気持ちはわかりますが、ルメール騎手で札幌記念を勝ったととしても、天皇賞秋はソウルスターリングがいますし、マイルCSはイスラボニータがいるのですから、また乗り替わるのは確実。

武豊騎手に戻すということも考えにくいですし、秋は短期免許の外国人騎手リレーになるんでしょうかね。。

唯一クラシックで馬券圏内に入った菊花賞での好走は、明らかに武豊騎手のうまさが光ったレースだったので、心底もったいない気もします。手綱があっていたと思える馬だっただけに、これは残念に思えるニュースでした。(札幌記念は過剰人気になりそうなので、、嫌ってみようかなw)

気性が勝った乗り難しいタイプらしいので、ルメール騎手はさておき中途半端な外国人騎手がG1に乗った際には軽視でもいいかもしれませんね。

7/16(日)福島12R3歳500万下のリベンジホースは?

さて、今日はリベンジホースと題して、次走の狙い馬について書いておきます。

と言っても、1頭だけ。忘れないようのメモ程度です。本当は、週中にこういった記事をたっぷりと書きたいんですが、、すいません。

先週は、7/16(日)福島12Rの3歳500万下から

この馬⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在17位くらい。お手数おかけします!)

木幡拓騎手に執拗なまでに絡まれてしまったのが敗因。直線途中まで粘りを見せたことからも、このレースで最も厳しい競馬をしたのはこの馬でしょう。少しでも楽に行けていたら、粘りこんでいた可能性は大。叩かれての次走、新潟の1800mでも十分狙いが立つと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です