皐月賞2017回顧+東京スプリント2017本命馬

スポンサーリンク

週明けから、ちょっと仕事バタバタで、遅くなりました。

さて、ご存じのとおり、皐月賞は波乱の結果に。。

1着:△アルアイン(9番人気)
2着:〇ペルシアンナイト(4番人気)
3着: ダンビュライト(12番人気)

「買ってはいけない!」カデナは敗退しましたが、◎ファンディーナという一番「やってはいけない!」予想をしてしまいました。

ハイペースであっても、馬群にもまれた形であっても、4コーナーでファンディーナが先頭に立ったときは突き抜ける!と力が入りましたが残り200mすぎで失速。低レベル世代と言われた今年の牡馬クラシックでしたが、アルアインが去年のディーマジェスティを上回るレコードタイムをたたき出して勝利しました。

2着は週アタマに本命候補に挙げたペルシアンナイト。まあ、最悪のタラレバを言ってしまうと、本命にしていれば馬連は取れてたと思います。

ただ、3着のダンビュライトはひっくり返っても買えません。。。

この馬の激走で、ルーラーシップ産駒に対する考え方がまた難しくなりましたね。力の要る馬場で本領発揮するイメージだったので、先週のようなスピード馬場では明らかに用無しだと思っていましたが、武豊騎手の好騎乗も相まってほんとに最後までしぶとい脚を使いました。

回った位置からも、上位2頭にそん色ない力を発揮。ルーラーシップは、まだ初年度産駒が走っただけなので、今後どういったタイプを出すのかは未知数。その中における、この3着は今年の生産界にも大きな影響を与えそうです。

今年の皐月賞は波乱の決着も、サンデーレーシング⇒追分ファーム生産馬⇒サンデーレーシングのワンツースリー。社台の運動会という結果になりました。

あまりこういうことは考えないのですが、先週の雨でボロボロになったはずの馬場が、今週ふたを開けてみれば超高速馬場に変貌を遂げたことに、何かしらの因果があったのでしょうか。

そして、オークス・ダービーともにまた一層予想の難しさが深まりましたね。ほんと、5月の下旬に向けて悩ましい1ヵ月になりそうです。

東京スプリント2017予想 本命馬

本日は、交流重賞の東京スプリントが、大井競馬場1200mを舞台に行われます(20:10発走)

ちゃんと地方馬の力量などを含めて予想しようと思っていましたが、結局時間をつくれそうにありません。

ので、さくっと本命馬だけ挙げておきます。

この馬です⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在20位くらい。お手数おかけします!)

この馬から3連系の馬券で勝負する予定です。詳細などは上げられたら、TWITTERで更新します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です