シンザン記念2017回顧+日経新春杯2017注目馬

スポンサーリンク

3連休は、皆様いかがでしたでしょうか。

私は本日、中央競馬が無かったのでゆっくりと年末年始に取りだめたビデオを処理してきたんですが、まだ3分の1も見られていません。時系列でいえば、やっと「クリスマスの約束」が終わったくらい。あとおそらく40時間分くらいは残っているので、いつ見ればいいのか困っていますw。

シンザン記念2017回顧

さて、競馬の話ですが、今週は京都金杯とポルックスステークスは、ドンピシャだったものの、厳選3レース予想が9戦1勝と良いところなくおわってしまいました。見せ場なく、申し訳ありません。

言い訳になりますが、日曜日後半の京都の馬場は想像以上にむちゃくちゃでしたね。。

1レースごろから降り出した雨は、テレビ画面を通してもはっきりわかる大粒。本降りになってから、メインレースごろには一気に芝が重にまで悪化してしまいました。

そのせいもあって、1月の京都名物グリーンベルトが崩壊。さらにシンザン記念は、メイショウソウビがかなりのハイペースを作り出して、追い込んだ馬キョウヘイ&タイセイスターリーの2頭で決着。本命に推したペルシアンナイトもそれなりに力を示しましたが、早めに仕掛けていった分最後は止まってしまいました。あとハービンジャー産駒らしく道悪というのは若干割引だったのかもしれません(それでも勝つと思ったのですが。。)。

それにしても、キョウヘイはこの2戦非常に強い競馬を見せました。わざと出遅れたという騎手コメントがあったほど、追い込み一辺倒なのでまったく軸にはできない馬なのですが、リーチザクラウン産駒ですし、個性派の穴馬としてこれから面白い存在になりそうです。

タイセイスターリーも気性の悪さがネックで前走は惨敗しましたが、立て直して力を示しました。調教の迫力もあって関係者筋の情報が、いつも強気なことで、

負けた中では、アルアインは詰まる不利がありながら、最後までしっかりと伸びていて、想像以上に強そうですね。ただ切れる足がないので、今後も同様の不利を受けやすいということは気に置いておいた方がいいでしょう。

それにしても、昨日の雨で今週末の京都馬場がどうなるかが気になりますね。例年なら、日経新春杯くらいまではインベタ有利なのですが、今年はさすがにきびしいかもしれません。

そこで、今回日経新春杯の注目馬はこの馬です。

この馬⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在13位くらい。お手数おかけします!)

荒れた馬場でスタミナ勝負になれば、この馬が力上位でしょう。鞍上が戻るのもこの馬にとっては良いと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です