京都11R スワンステークス予想~本命は1400mスペシャリストと見込んだあの馬~

スポンサーリンク

遅くなりましたが、ここから重賞予想です。

京都11R スワンステークス予想

毎年悩ましいメンバーが揃う重賞ですが、今年もそういった感じ。実績馬は休み明けが多く、また1400mというコース設定がさらに悩みを深くさせます。

そこで、1400mのスペシャリストではないかというあの馬を本命にしました。休み明けが気になりますが、調教では迫力ある動きを見せていて問題ないはず。去年はかなり強い競馬を見せており、京都コースへの適性も大丈夫でしょう。去年のマイルCSを見る限りあと200m伸びるのは心配なところもあり、ここがねらい目だと思います。

対抗はダンスディレクター。この秋は不完全燃焼の競馬が続いていますが、その実力はたしか。京都相性は抜群で、距離が延びるのもこの馬にとってはプラス。スプリント戦よりもある程度の位置につけられそうで、直線が長くなる外回りコースもプラス。ここ2戦とは違いきちんと差し込んでくるシーンが見られそうです。

3番手はブラヴィッシモ。差し馬が多い中良い位置につけられそうで、前走の内容も斤量を背負いながら強い競馬。立ち回り力を活かせればこのメンバーでも通用しそうです。

4番手は穴っぽいところでサンライズメジャーにします。京王杯SC2着なのでもっと人気を集めてもいいんですが、意外にも単勝オッズはついています。京都コースは4勝2着3回と好相性で、一昨年はこのレースで2着に入るなど。若干外の枠は気になりますが、実力的にはこのメンバーでも見劣りません。

あとは7歳秋を迎えて、さすがに上積みの見込めのないフィエロは評価を下げて5番手。あとは大型馬の休み明けで、今回は地力勝負といった感じのサトノアラジンも抑えまで。あとは、上手く立ち回れそなうな枠に入ったサトノルパン。ムーアなので抑えたいバクシンテイオーまで。

◎この馬→人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在19位くらい。お手数おかけします!)
〇ダンスディレクター
▲ブラヴィッシモ
☆サンライズメジャー
△フィエロ
△サトノアラジン
△サトノルパン
△バクシンテイオー
(勝負度C)

馬券は、馬連流し◎ー○▲☆。◎〇▲☆の馬連ボックス。◎ー○▲☆ー印の3連複フォーメーション。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です