京都10R鳴滝特別/東京11Rアイルランドトロフィー/京都12R藤森ステークス

スポンサーリンク

特別レースの予想をアップします。

昨日はここで3レース中2レースで的中。とくに、京都9Rは巧いことハマってくれました。今日もこの勢いで。

京都10R 鳴滝特別

人気でも、ずっと上り最速を決めているアドマイヤキズナが強そう。少頭数でさばきやすいですし、確勝ということは言えないですが、少なくとも上位に食い込むでしょう。

しかし、今の馬場を考えれば、ある程度前につけた馬が有利で、本命はタイセイアプローズにします。もう一頭前に行く馬にエイシンハドソンがいますが、この馬は上り勝負ではスピードがない分心許なく、準オープンでも好走し続けてきたこちらの方が力は上。前走の敗因は重馬場で、京都の良馬場ならば巻き返せるでしょう。

◎タイセイアプローズ
〇アドマイヤキズナ
▲エイシンハドソン
☆ソールインパクト
(勝負度C)

馬券は単勝と◎→印の馬単。◎→印の3連単も買ってみます。

東京11R アイルランドトロフィー

外差しばかりが決まっていた1週目とは違い、前目の競馬から押し切れる馬場になってました。ならば3歳馬の中では相撲の番付でいうところの前頭5枚目くらいの実績があるマイネルハニーで十分通用しそうです。同コースでは、逃げながらも上り最速を決めて圧勝劇を演じてきたこともあり、のびのびと逃げられれば初の古馬相手も関係ないでしょう。3歳馬のレベルの高さを見せてほしいところです。

相手は、前走復活の兆しがみられたクラリティスカイに。腐ってもG1馬ですし、オープン特別まで下がってこればさすがに恥ずかしい競馬にはならないでしょう

三番手は、サトノラーゼン。広い東京コースになれば変わり身もありそうです。

その他、マイネルフロストも先行策から粘れる力はあるはず。

レコンダイトは、大目標はアルゼンチン共和国杯でしょうが、エプソムカップでもそこそこの競馬。抑える価値はありそうです。あと一発あるなら昨年このレース2着のライズトゥフェイム。当コースで良績を収めているファントムライトも侮れません。左ブリンカーのみ着用して挑むハギノハイブリッドも一応抑えで。

◎マイネルハニー
〇クラリティスカイ
▲サトノラーゼン
☆マイネルフロスト
△レコンダイト
△ライズトゥフェイム
△ファントムライト
△ハギノハイブリッド
(勝負度D)

馬券は◎ー○▲☆の馬連。◎ー○▲☆ー印の3連複フォーメーション。

京都12R 藤森ステークス

ここはスマートアヴァロンの取捨がポイント。

確かにこのコースでは2勝を挙げて、常に安定感ある末脚を発揮していますが、1600万下で骨のあるメンバー相手となればどうでしょうか。ここは少し軽視して、単騎逃げが見込めるウィッシュハピネスに期待してみます。

そもそもスマートアヴァロンの差しを封じ込めた実績があり、すでに準オープンも勝ち上がっています。前走は距離が長かったことが敗因で、距離短縮ならもちろん前進可能。ここは逃げ切れるのではないでしょうか。

相手はエイシンバッケン。ベストは1400mながら、前走は向こう正面でかかり通しの競馬で3着を確保。1200mで折り合いがつけば、普通に上位争いできるでしょう。

センターピースも今の充実ぶりと京都コースとの相性を考えれば無視できません。叩き2戦目で前進ありそうなハニードントが穴でしょう。

◎ウィッシュハピネス
〇エイシンハドソン
▲センターピース
☆ハニードント
勝負度C

馬券は◎ー印への馬連・馬単。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 逆神様!ありがとうございます(^∇^)
    ◎カイザーバルの私には分かりません。

    何の根拠があり『買ってはいけない』か知りたいです!

    よろしくお願いします、

    • コメントありがとうございます。そして、的中おめでとうございます!苦笑

      買ってはいけない根拠については、記事の中に書いてありますよ。
      むしろその理由をメインに書いている記事ですので。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です