帝王賞2018予想~大井絶好条件でサウンドトゥルーが巻き返す~

スポンサーリンク

おはようございます。

上半期の競馬。すでに芝路線は宝塚記念で締めくくりを迎えましたが、今日はダート路線の締めくくり帝王賞が行われます。

舞台はおなじみ、大井競馬場のダート2000m。そして、現時点で考えられる好メンバーがそろいました。

ゴールドドリーム、ケイティブレイブ、テイエムジンソク。この3強は中央G1で好勝負をしてきたわけですから、実力的には抜けていると思いますが、脚質の違いもあってこの3頭で決まるという確率はそこまで高くないでしょう。

なら1角を崩す馬を考えると、サウンドトゥルー。大井競馬場の成績は(2,2,2,1)と経験数も内容的にも得意の舞台。近走の成績が嫌われて人気落ち→大井で巻き返す!というパターンが続いている馬でもあります。2走前の川崎記念は小回りで前残りの展開に泣いた形ですし、フェブラリーは適性外のマイル。敗因ははっきりしています。そこからのぶっつけ本番ではありますが、鉄砲も効くタイプですし、大野騎手に戻るのもプラス材料。今回は、4・5番人気になるでしょうし、狙う価値は十分あります。

相手はケイティブレイブ。こちらも大井は馬券圏内を外したことのない得意のコース。去年は出遅れながら差す競馬で勝利できたことからも、よほどの適性があるのでしょう。ダイオライト記念を使って、他馬よりも間隔はあいていないことも好材料。内枠に入ったことでハナを切れそうですし、優勝に一番近いのはこの馬なのではないかと思います。

3番手にテイエムジンソク。前走はハナを切れなかったうえに揉まれてしまいまさかの敗退でしたが、今回はその反省点を生かして包まれないような競馬を心がけるでしょう。チャンピオンズカップの走りからも実力は上位なことは明らか。初地方、初ナイターの条件に対応できれば、問題なく勝ち負けになると思います。

やや3強のなかで不安が残るのがゴールドドリーム。前走で4つのコーナーのあるコースを。ならば4番手には、人気ブログランキングへ。いろいろと注文がつく馬ではありますが、おそらく良馬場で行われる今回はこの馬向きの馬場になるはず。あとはしっかりと前目につけてばてない競馬で入着が期待できます。

◎サウンドトゥルー
○ケイティブレイヴ
▲テイエムジンソク
この馬⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在40位くらい。お手数おかけします!)

△ゴールドドリーム

3連複:◎○ー▲☆△(3点)
3連単:○▲☆⇒○▲☆△⇒◎(9点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です