戸崎×シルク重賞3連勝で開幕した2018年中央競馬+愛知杯2018の条件好転馬とは?

スポンサーリンク

お正月、3日間開催お疲れさまでした。怒涛のように過ぎましたが、今年もまた変わらず競馬が始まったことがうれしいですね。

キタサンブラック、コパノリッキーと時代を築いた名馬たちの引退で(しかもラストランを勝利したこともあり)寂しくもありますが、また新しい名馬が誕生するチャンスでもありますので、楽しみに2018年の競馬を見ていきたいですね。

とくに、今年の3歳クラシックは大いに盛り上がりそうな予感。最強と謳われた2年前のクラシック世代、いやそれ以上の逸材そろいでしょう。そのほとんどがディープインパクト産駒であることもあり、各馬派手なパフォーマンスで勝ち上がっています。

例年なら朝日杯を圧勝したダノンプレミアムが1強になるんでしょうが、ワグネリアンはもちろん、ヘンリーバローズ、オブセッション、グレイル、ダノンマジェスティ、ヴェルテアシャフト、といった馬たちも十分太刀打ちできそう。ほんと、春が待ち遠しいですね。

古馬も去年の秋、重賞を席巻した明け4歳世代がどのような活躍をするかも面白そうですし、馬券的には妙味十分でしょう。

さて、そんななか行われた中央競馬の3が日でしたが、戸崎騎手がシルクレーシングの馬で飾った重賞3連勝は圧巻でした。

ルメール騎手不在、デムーロ騎手は日曜のみの騎乗のなか、戸崎騎手が3日間で8勝。ほんと、デムルメが移籍してくる前の競馬って、こんな感じだったよなぁと懐かしい感じでしたね。

ルメール騎手そして個人的に好きな和田騎手は、今週日曜から復帰。

愛知杯、日経新春杯、京成杯と重賞も3つあり、お家で温かく見る冬競馬もそれはそれで楽しいなと思っています。

愛知杯の条件好転馬は?

今年から、これまでよりも意識して探すようにしている、このレースでこそ輝く!“条件が好転する”馬。愛知杯はこの馬です。

この馬です⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在40位くらい。お手数おかけします!)

その理由は、コース条件や実績ではなく、ハンデ。前走は勝ちきったと思ったところを差し込まれてしまった惜しい競馬でしたが、おかげで格上挑戦という立場になってくれたこともあり、ハンデには恵まれたと思います。日経新春杯とのダブル登録ですが、仮に日経新春杯に出てきたとしても抑えておきたいほど、実力を見込んでいる馬。

鞍上も、下馬評通りなら引き続きあの騎手になります。人気はある程度集めるでしょうけど、このメンバーでハンデ戦ならあっさり勝利の可能性は十分とみます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です