2018年の抱負「心底、納得できる馬券を買う!」

スポンサーリンク

さあ、明日からいよいよ2018年の中央競馬が開幕します。

楽しみとプレッシャーが入り混じる開幕前夜なわけですが、ここで今年のテーマを書いておきたいと思います。

それは、、

「心底、納得できる馬券を買う!」です。

大切なお金をかけるわけですから、当たり前といえば当たり前なんですが、これって意外と難しいことだと思うんですよね。

つい時間に追われてなんとなくの思いつきで買ってみたり、負けがこんでしまい予想ファクターがいい加減になったりという人も多いと思います。いや、むしろ大半の人がそうじゃないでしょうか。

それじゃ、やっぱりダメなんですよ。競馬で勝つためには。きちんと考え抜いて、自分の中で腑に落として買わないと。

では、「心底、納得いく馬券を買う!」には、具体的にどうするべきか?

次の3点を挙げておきます。

①レース展開をしっかりと考える。

どの馬が逃げて、どの馬が控えて、どのようなペースで流れて、各馬がどのような動きをしてから、どのような決着になるか。

基本中の基本ですが、やはりこれを予想してこその競馬だと思います。レース展開を考えるためには、全出走馬の戦績や特徴をしっかりと確認しておかなければなりません。ほんと、これをおろそかにしてはダメなんですよね。

実は馬券が好調のときって、出馬表を見た瞬間にこのレース展開が思い浮かぶんですけど、不調になると途端に描きにくくなります。そこからに逃げずにしっかりと立ち向かうこと。ほんと、それに尽きますね。

②馬の「条件好転」を重視する。

「馬の能力は一定ではない」。フジテレビONEの番組で亀谷さんが散々おっしゃっていることですが、ほんと競馬の面白さはここにあると思います。

コース、距離、血統、騎手、調教、馬場状態、ローテーション、斤量、気性、馬具、成長力などなど。競馬は、ほんとに様々な要素が絡まり合って、一つの答えが導き出されます。

前走は強かったのに、なぜ今回は全く良いところなく負けてしまう。その逆も、もちろんあります。

だから、「今回はどの馬が一番、条件が向上するのか?」。大きな配当を取るために、最も重要な目線だと思います。

なので、今年は、予想のなかでこの「条件好転ポイント」についてしっかりと書いていきたいと思います。

③総合的に判断した買い目で勝負すること。

以上のことを踏まえて、どのような馬券を買うかが最後の仕上げ。これは、決まった券種にこだわらずに臨機応変に対応していくべきでしょう。

1頭これが勝つ!とみた馬がいたら、頭で勝負するべきですし、逆に人気が無い馬でも3着以内に来そうと考えたら、3連複の軸として勝負するべきです。

考え抜いた結果をどのように表現するかが、現代競馬のキモ。

この買い方についてもきっちりと言及していき、納得できる馬券を買っていきます。

 

と、このようにザっと今年のテーマについて書いてみました。基本中の基本ではありますが、やっぱり競馬を見ていくうちに忘れちゃうんですよね。

だからこそ、新しい1年のはじまりというフレッシュな気分のときに書いておくべきだと思い恥をしのんで、したためてみました。

以上のことを徹底して、2018年を競馬人生最高の年にしたいと思いますので、当ブログを小バカにしながらでも、ご覧いただければ幸いです。

では、改めて、本年もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です