キタサンブラック&武豊のスター性に脱帽だった天皇賞・厳選3レース予想は秋の福島でリベンジ・JBCクラシックの本命候補は?

スポンサーリンク

昨日の府中はずっと雨。現地では、雨の音で場内実況が聞こえなくなるときもあるほどの豪雨もあり、歴史的な不良馬場となりましたが、そんな過酷な条件を鮮やかに勝ったのはキタサンブラックでした。

前走の不振も不良馬場も出遅れも跳ねのけた、キタサンブラック&武豊騎手の勝利は、馬券が外れても見ごたえ十分。生で見られて本当によかったと思います。

雨の不良馬場で行われた天皇賞秋は、メジロマックイーンの降着(いや、若き江田照男騎乗のプレクラスニーが勝ったというべきか。。)以来とのこと。こういうこところで、リベンジを果たす武豊は月並みですが、やはりすごいです。

この不良馬場で走ったということもあり、この後のダメージが心配ですけど、次走はもう一か月後のジャパンカップ。勢い十分のダービー馬レイデオロ・完成の域に入ったシュヴァルグランなどを迎え撃つ形になりますが、順調ならさらにパフォーマンスを上げてきそう。

圧倒的人気になるでしょうけど、この勝利でさらにキタサンブラック物語の最終章が盛り上がってきたのは競馬全体のことを思えば、本当にいいことだと思います。(その陰で、ドゥラメンテがもし無事だったなら、、と思ってしまいますよね)

一方で、去年のクラシックで最強世代と謳われてきた現4歳牡馬の芝G1優勝はなし。みんな、3歳時に燃え尽きてしまったのでしょうか。サトノダイヤモンドは香港に行くみたいな話も出ていて、もう一度有馬での両雄の戦いは観られないんでしょうかね。そこがちょっと寂しくは感じています。

厳選3レース予想巻き返しへ。秋の福島開催がスタート!

天皇賞も外れたことに加えて、厳選3レース予想も日曜は的中なしと、依然として不振が続いていて申し訳ありません。

もともと、好不調の波はあるタイプなので、なんとかきっかけをつかめればすぐに巻き返せるとは思います。。

そのきっかけになりそうなのが、今週から始まる秋の福島競馬!夏はかなり稼がせてもらって、今年の回収率は234%。おそらく福島を中心に攻めることになるでしょうが、いい成績を報告できるようがんばります。

JBCクラシックの現時点の本命馬は?

今週は中央G1がないとはいえ、地方の祭典JBCが11月3日(金)に行われます。中でも最も面白そうなのはJBCクラシックでしょう。JRAからの出走予定馬はこちらです。

アウォーディー
アポロケンタッキー
オールブラッシュ
グレンツェント
ケイティブレイブ
サウンドトゥルー
ミツバ

この中で、現時点の本命馬は、

この馬⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在25位くらい。お手数おかけします!)

前走は休み明けの状態からきっちりと結果を出せたのは収穫。大型でタフな馬だけに上積みは十分見込めますし、今週雨が降らない予報も味方しそう。良馬場で行われれば軸としての信頼度は最も高いと思います。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 厳選予想を参考にさせてもらっていますが、ここ2週ほど、有料なのですから予想を売ったらそれで終わりでなく回顧もキッチリ更新していただけますか?
    当たる外れるもですがどうして軸馬が来たか、または来なかったを回顧が有ると次に活かせて馬券が買えるからです。
    もう一つお聞きしたいのですが、ダートのレースを選択する際にやたらと揉まれて終了になりやすい内枠の馬を本命にされますが、何故ですか?
    実際にそのリスクの通り揉まれて終了ばかりなので少し気になります。

    • あさん。返信が遅くなって申し訳ありません。

      重ねて、回顧の更新が遅れてしまいすいませんでした。なんとか先週分は更新済み、2週前の分は今週末には更新いたします。また、回顧を参考にしていただきありがとうございます。

      もう一つご質問いただいた件ですが、そのような考えで本命馬を選択しているわけではありません。先週に関しても、グラスエトワールは逃げる想定でしたし、メイショウノボサンはしっかりと直線をさばけると信じての勝負でした。なので結果的にもまれてしまったというのが、正直なところです。もまれにくいからと言って距離ロスのある外枠ばかりを狙っていてもダメだと思いますし、そこが競馬の難しくも面白い部分でもあります。

      長くなりましたが、今週もごひいきいただければ幸いです。精いっぱい頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です