桜花賞2017回顧とダイワメジャー産駒の活躍

スポンサーリンク

こんばんは。

桜花賞は、まさかの結果に。。

1着:△レーヌミノル(8番人気)
2着:☆リスグラシュー(3番人気)
3着:◎ソウルスターリング(1番人気)

印的に見たら当たっていそうですけど、馬券的には○アドマイヤミヤビを入れた馬券で勝負していたので完敗でした。

ソウルスターリングの敗因は道悪馬場とのこと。血統的には問題ないと思いましたが、まだ経験の少ない3歳牝馬。環境のちょっとした変化で、脆さを見せてしまいました。それが競馬ですし、下馬評に上がっていた怪物級というのはちょっと言い過ぎだったのかもしれません。

僕もPOG馬に指名しているため信じたかった部分もあって、3連単のアタマ固定をメインに買いましたが、少なくとも単勝4000万円はやりすぎ。。予想記事でもふれましたが、未対戦の馬が多く初の道悪馬場ということを考えれば、鉄板というのは厳しいものがありましたね。これまでもレースぶりから、評価としてはあくまでも優等生タイプ。「怪物」という言葉は、馬格もあって勝ち方にもインパクトあるファンディーナに譲ることになるのかもしれません。

さて、勝ったのはレーヌミノルでした。距離や折り合い面などにやや不安がありましたが、乗り替わりの池添騎手は完璧な騎乗。相変わらずG1での勝負強さはすごいですね。そして、このレースを含めて、道悪馬場でのダイワメジャー産駒の強さが際立った先週の結果でした。

土曜阪神の心斎橋Sで12番人気のマテンロウハピネスが3着し、ビップライブリーが2着。中山の野島崎特別でトウカイシェーンが5番人気1着、ニュージーランドトロフィーでもボンセルヴィーソが5番人気3着と、大活躍でした。

調べてみると、土日の中山・阪神芝でのダイワメジャー産駒の成績は、(3-1-3-9)、複勝率48%はかなり優秀ですね。ダービー卿CTを勝ったロジチャリスもそうでしたが、ただでさえ、中山・阪神のようなパワーのいる馬場が渋れば、この馬の特性が増すのでしょう。

さて、今週の天気も気になりますが、とりあえず、皐月賞の現時点の本命候補を挙げておきます。

この馬です⇒
人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在14位くらい。お手数おかけします!)

ファンディーナは当然強いですが、この馬の前走も負けず劣らずのインパクトある強い競馬でした。戦績的に距離の問題がささやかれていますが、血統的には大丈夫。むしろ中山2000mにぴったりの馬だと思っています。

※厳選3レース予想の回顧については、noteのレース予想記事にに追記する形で行いたいと思います。明日にはアップしたいと思いますので、少々お待ちください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です