名古屋大賞典2017予想~ドリームキラリから勝負!~

スポンサーリンク

こんばんは。

水曜日ということで、今週末の大阪杯の検討もそろそろしていきたいところですが、今日はまず明日木曜日に行われる地方交流重賞、名古屋大賞典の予想について書いていきます。

JRA勢のメンバーは、前走G1川崎記念を制したオールブラッシュに、交流重賞3勝馬のケイティブレイブ、アルデバランSを制したモルトベーネ、ダート替わりで安定感を増したピオネロ、ポルックスSを強い競馬で勝ったドリームキラリ。さらに地元名古屋競馬の雄、カツゲキキトキトが参戦と、ここまでが馬券圏内に入ってこれる馬になると思います。

つまり、去年アウォーディーが圧勝したときの1強ムードとは異なり、今年は混戦。

そうした時にポイントとなるのは、やはりコースと展開です。

まずはコース。名古屋競馬は1周1100mとかなりの小回りコースです。1900mの距離は中央競馬では1周4つのコーナーで足りますが、名古屋競馬場ではコーナーを6つも回なければなりません。外を進むとかなりのロスをこうむることになるので、やはり内でうまく立ち回れる力が求められます。

さらに、直線は日本最短の194mしかなく、4コーナー先頭の馬が押し切りやすいコースです。

そこで本命はドリームキラリにします。実績馬が多いので中央馬の中では、最も人気薄になる可能性がありますが、この馬も力では負けていないと思っています。

というのは、前走のポルックスSが圧巻の競馬。道中もビービーバーレルやブライトアイディアの厳しいマークにあいながら、最後の直線では逆に突き放して、中山大得意のセンチュリオンの追い上げも退けました。

東京の秋嶺ステークスでは先週のマーチS2着馬ディアデルレイを下していることから、重賞クラスでも上位の実力は証明済みです。

ハナに立つまでは出ムチを入れていったように、かなり促していかないといけないズブさはありますが、何が何でもハナを取りに行くタイプなので、今回も逃げてくれることを期待します。ならば、斤量も54キロと軽い今回は押し切ってくれるでしょう。

相手は、2番手につけられるだろうケイティブレイブにします。3歳春とはいえ、ゴールドドリームを7馬身突き放した兵庫CSは強い内容で地方競馬の砂も合うのか、すでに交流重賞3勝。ここ2戦は若干距離が長かったのが敗因で、1900mへの距離短縮はプラスでしょう。まだ成長見込める4歳馬ですし、ドリームキラリを任すとしたらこの馬が筆頭候補だと思います。

逆に買ってはいけない!馬は、オールブラッシュ。前走はG1の川崎記念とはいえ人気薄ということもあり、マークがきつくありませんでした。楽逃げの展開が大きく味方したように思います。ドリームキラリがいる限り今回はハナに行けるとは思えませんし、斤量も59キロ。ここで上位争いできれば今後ダート界の主役候補になれる証明になりますが、マイナス要素が多く、どうなるでしょうか。

結論
◎ドリームキラリ
○ケイティブレイブ
人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在16位くらい。お手数おかけします!)
☆モルトベーネ

馬券
馬単:◎⇒○
馬連:◎ー○
3連単:◎○⇒◎〇⇒▲☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です