フェブラリーステークス2017予想オッズ有力馬の信頼度&妙味度

スポンサーリンク

どうやら、今年も花粉の季節に突入した模様。

一昨日くらいから、目と鼻にチクチクと攻撃を受けています。まだ本格化する前なんでしょうけど、あまり飛散量って関係なく、少しでもやっぱり花粉の攻撃を受けると普通に辛いんですよね。このまま桜花賞が終わるくらいまでは続いてしまうので憂鬱です。

ですが、それもあっという間に終わってしまうのでしょう。だって、この前有馬記念が終わったところなのに、早くも今週はフェブラリーSなんですから。(`・ω・´)キリッ

というわけで、今日はフェブラリーSの有力各馬についてみていきます!

フェブラリーS2017予想オッズ人気馬の信頼度&妙味度
※()内は独自の予想オッズです。

カフジテイク(4.5倍) 信頼度☆☆☆ 妙味度☆☆☆

・津村騎手に乗り替わりも、シンプルな戦法だけに割引はしなくてもいい。

福永騎手のケガによる休養により、鞍上が津村騎手に変更。津村騎手はしっかりと馬を追えますし、現状では過小評価されている騎手の一人だと思っているのですが、さすがにG1となると経験差がものをいうだけに、お世辞にも鞍上強化とはいがたいですね。ただ、カフジキング自体が、馬込みで進めて追い出しのタイミングが。。というタイプではなく、直線まで脚を貯めてシンプルに追い込むだけの馬ですので、余計なことを考えなくていいのは好材料です。ただし、距離延長はややマイナス。もちろん、今の差し届く東京ダートなら馬券に絡んでおかしくないですが、1番人気の追い込み馬を軸にするのはセオリー的には厳しいものがあります。

サウンドトゥルー(5.0倍) 信頼度☆☆☆☆ 妙味度☆☆☆

晴れ続きでタフになっているダート。スタミナ比べなら力上位。

チャンピオンズカップは鮮やかな末脚で追い込んで初G1制覇。確かに展開が向いた部分は大きかったのですが、その後もしっかりと自分の競馬をして、しっかりと馬券圏内は確保できています。そして、その相手のメンバーは今回のフェブラリーS組よりも強力。他の馬に比べればスタミナ色が強いかもしれませんが、逆に今のタフな馬場はこの馬向きなのかもしれせん。チャンピオンズカップからの中央ダートG1連勝の可能性は高い気もしています。

コパノリッキー(6.0倍)信頼度☆☆ 妙味度☆☆

・圧倒的な得意舞台も、現状の乾いたダートがスタミナを削りそう

フェブラリーSでは連覇を達成しているように、東京ダートマイルはこの馬にとってベスト条件。さらに鞍上が数々のG1をともに制してきた武豊騎手に戻るのもプラスでしょう。ただし、現状かなりタフなダートでは相当スタミナが削られますし、南部盃の後、すべてのレースであっさりと失速していることはとても気がかりです。調子落ち、または年齢による衰えが早くも来ているのかもしれません。武豊人気も集めるでしょうし、今回はちょっと手を出しづらい馬になってしまいました。

ベストウォーリア(7.5倍) 信頼度☆☆☆☆ 妙味度☆☆☆☆

・ダート短距離重賞の古豪。安定感ある取り口はここでも魅力。

去年のフェブラリーSでは4着に敗退。ただ、それ以外の近10戦ではすべて馬券圏内に入っている抜群の安定感があります。それもすべて先行策からの競馬で取り口が安定。モーニンやベストマッチョなどダート向きの外国産馬が数多くそろう馬場オーナーの所有場の中でも一番の孝行馬になっていますね。もちろん、今回も崩れずに走ってくれることは間違いないでしょうが、単勝はやはり売れにくい馬であることは間違いないでしょう。連系では1番人気的な支持を受けそうですが、それに十分応えられるだけの可能性は持っている馬だと思っています。

ゴールドドリーム(8.0倍) 信頼度☆☆☆☆ 妙味度☆☆☆

・コース適性は抜群。展開も向きそうで相手関係の力差がカギ。

前走のチャンピオンズカップこそ、慣れないコースかつG1独特の流れの中、レースに参加できずに終わってしまいましたが、ユニコーンSで3歳世代の頂点にたった東京マイルなら話は別でしょう。ここのところメインレース・重賞では輝きを取り戻してきたデムーロ騎手というのも心強い要素です。あとは、明け4歳世代の代表として古馬G1というメンバーでどこまで力があるのかがカギ。後ろ過ぎず、前過ぎずの位置で競馬できるのも魅力ですし、調子さえきちんとしていれば、まず勝ち負けになると思っています。

とりあえず、以上とします。ただし、今年は他にもノンコノユメやモーニンなどの馬たちがいるだけに混戦極めそうな今年のフェブラリーS。良い配当が見込めそうなですね。

そこで!

フェブラリーSの切ってはいけない穴馬は?

この馬です⇒
人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在11位くらい。お手数おかけします!)

前走で見限るとまた痛い目に合いそう。決してこのコースが悪いわけでもなく、スムーズな競馬さえすれば巻き返してくるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です