アメリカJCC2017の予想オッズ上位馬たちの信頼度&妙味度+穴馬紹介!

スポンサーリンク

昨日お伝えした通り今日の更新は厳しかったんですが、

あまりにも理不尽な仕事が入ってきたので、ストレス発散にAJCCの各馬短評をさくっと書いてみましたw。

ですが、いつもの買い材料&不安材料を書く余裕はなく、結構主観的で走り書き的な内容です。信頼度と妙味度も添えてみました。

ゼーヴィント 信頼度☆☆☆☆ 妙味度☆☆

昨日も書いたように、福島記念でも安定の2着に来て、初の古馬相手でも問題ありませんでした。中山は得意なコースですし、一つ上の世代のクラシックをにぎわした先輩たちが相手とはいえ、きちんと崩れずに走ってくると思います。ただ、調教はあまり良くなかったみたいな情報はちょっと気がかりです。

リアファル 信頼度☆☆ 妙味度☆☆

どちらかというと人気先行しそう。結局神戸新聞杯くらいしか主な実績は残せていませんし、4歳という大事な時期をケガで棒に振った影響は大きいでしょう。前走はステップとはいえ見どころはありませんでした。もちろん状態さえ上がってこれれば勝ち負けになっていいんでしょうが、、今回はどこまで上がってきているかでしょう。

タンタアレグリア 信頼度☆☆☆ 妙味度☆☆☆

菊花賞4着&天皇賞春4着と、どちらも内側の馬に残られた形でこの馬自身は強い内容の競馬をしてきました。今回は長期休養明けですが、状態がまともなら戦ってきたメンバーを考えるとあっさりのシーンが合ってよさそう。アタマでは売れにくいタイプだけに、単勝はそこそこつきそうで、調教内容次第では一気に単勝勝負というのも面白そうです。

ミライヘノツバサ 信頼度☆☆☆ 妙味度☆☆☆

前走は菊花賞帰りにもかかわらず、中山でふたたび快勝。得意舞台に戻ればしっかりと力を発揮できることを証明しました。レースセンスあるタイプなので、メンバー強化でもそこまで崩れることはなさそう。馬券にはぜひ入れておきたい1頭です。

シングウィズジョイ 信頼度☆ 妙味度☆☆

おととしのターコイズSを勝利していることから、マイラーよりのイメージをもっていたので、エリザベス女王杯で2着に粘りこんだのは正直びっくりしました。ただやはり、ペースに恵まれたことや平坦馬場の助けもあったことは否めません。牡馬相手になって2度の坂越えをしなければならない中山2200mは正直厳しい気もしますが。。

とりあえず以上にします。

最後に穴馬を挙げておきます!

AJCC2017で切ってはいけない!穴馬は?

この馬です⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在11位くらい。お手数おかけします!)

現在のnetkeibaの予想オッズならそこそこつきそうですが、さすがにもう少しは人気するはずおそらく15倍くらいじゃないでしょうか。ただ、この時期調子を上げるタイプでもあるので、展開恵まれればもう一花咲かせる可能性もあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です