阪神ジュベナイルフィリーズ2016の予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料(前編)

スポンサーリンク

先週の話をもう一つ。実は今年、うまっぷるさんのPOGに参加しているのですが、

そこで「牡馬はこの馬!」と指名したサトノアーサーが、先週シクラメン賞を圧勝してくれました!

正直、最後坂を上ってからの足は、父ディープインパクトを思い出させるくらいの飛びっぷり。前半1000mが65秒台というどスローだったとはいえ、阪神でしかも2歳で上り32.7秒という瞬発力にお目にかかることはめったにないですし、まだまだ余裕の走りで来年に大いに期待が持てる内容でした。

ただ管理する池江調教師のコメントは、「カッとなるタイプなので距離を延ばすのは不安。2000mだと折り合いが心配」とのこと。うーん、珍しく慎重さをうかがわせていますが、ダービーまでには克服してもらいたいですね。本質的なマイラーたちが、2000m以上のG1を争うのが今の日本競馬だと思いますので。

当面のライバルは、土曜日に同じく500万下を圧勝したレイデオロでしょうか。この馬も2戦目でさらにパフォーマンスを挙げました。去年が派手すぎたせいか、今年は静かだった牡馬のクラシックが、にわかに活気づいてきた先週末。正直言うと、もう一頭くらいスケールの大きさを感じさせる馬が出てきてほしいのですが。。(ハートレーどこ行った。。)

さて、そのPOGで「牝馬はこの馬!」と決めたソウルスターリングが今週出走。

ほんと、POG的にはこの2頭が来年のクラシックを席巻してほしいです!

そのソウルスターリングも含めて今日は、阪神JFの有力馬の買い材料&不安材料をまとめましたので、どうぞ!

後編はこちらから⇒阪神ジュベナイルフィリーズ2016予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料(後編)+武幸四郎調教師合格おめでとう!

阪神ジュベナイルフィリーズ2016予想オッズ人気馬の買い材料&不安材料※()内は独自の予想オッズです。

●ソウルスターリング(2.8倍)

買い材料(^_^)/

・内容充実の2戦2勝。

デビュー戦は札幌の開幕週。生まれて初めてのレースということで序盤はもたもたしていましたが、直線でエンジンがかかると、力強く伸びて素質馬アドマイヤマンバイをきっちりと差し切りました。2戦目はアイビーSで舞台を東京に移しましたが、初戦よりも力強い伸び足で、こちらも評判馬ペルシアンナイトを問題なく突き放しての快勝。どちらも有力牡馬を相手にしての勝利で1戦目より内容も良化。今回G1とはいえ、牝馬同士の今回はラクに勝てるのではないでしょうか。

・世界を代表する名血

何といっても、初年度産駒から世界中で活躍を見せているフランケル産駒。日本で今年デビューしたフランケル産駒は3頭いますが、その中で来週出走のミスエルテを含む実に2頭がG1の有力馬となっているという活躍ぶり。さらにこの馬の母スタセリタは仏オークスやヴェルメイユ賞などG1を6勝した名牝です。世界に散らばるフランケル産駒のなかでも間違いなくトップレベルの名血といえます。実力を裏付ける血統背景もこれだけしっかりとしていれば、メンバー手薄なG1で苦戦するシーンは想像しにくく、通過点に過ぎないパフォーマンスが見られそうです。

不安材料(-_-;)

・2歳牝馬の関西遠征

2歳牝馬というまだ幼いうちの長距離輸送というのは、古馬のそれに比べても大きな負担になります。しかし近年は、関東馬が活躍しているのも事実なので杞憂に終わればいいのですが、体調面や気性面で崩れる可能性も考えておくべきでしょう。また、キャリアがまだ2戦での遠征というのもいささか不安ではあります。

●リスグラシュー(3.0倍)

買い材料(^_^)/

・レコード勝ち→重賞勝ち

新馬戦は外を回してしまい、あと一歩詰め切れませんでした。しかし、未勝利戦は番手から進めて上り最速で鮮やかにレコード勝ち。その力を存分に示しました。そして、その勢いで臨んだ重賞のアルテミスSでは、ディープ牝馬のNo.1的な存在のフローレスマジックをマッチレースの末やぶりました。スケール感たっぷりの勝ち方で、パワーのいる馬場も対応できるのは強み。未勝利戦の内容は、あれを負かせる馬がいるのか疑問なくらいのものだったので、ここも好走できるのはほぼ確実なように思います。

不安材料(-_-;)

・関西の戸崎騎手

現在173勝とリーディングジョッキー争いのトップにたつ戸崎騎手が鞍上。香港国際競争で、国内の有力騎手たちがこぞって香港に遠征しているなか、戸崎騎手をパートナーに得られたことは大きなアドバンテージのように思えます。しかし、ここのところの関西での重賞の結果は思わしくありません。秋華賞のビッシュ、スワンSのフィエロは1番人気ながら、惨敗。関西での騎乗成績が全体が悪いというわけではありませんが、関東よりもパフォーマンスを落としていることは気になります。

●ジューヌエコール(4.5倍)

買い材料(^_^)/

・唯一の3勝馬

今回、3戦3勝で阪神JFに出走します。過去このような馬はいたのかちょっと記憶にないのですが、なかなか見られない好成績では間違いないです。牡馬なら、97年の朝日杯でグラスワンダーが3戦3勝で臨みましたね。新馬⇒アイビーS⇒京成杯3歳S(当時)で勝ち進んだ結果、朝日杯はレコード勝ち。さすがに、比べると見劣りはしますが、キャリア面でもほかの有力馬たちよりはリードしていますし、前走は1400m→1600mは距離延長も克服。当然上位争いは可能かと思います。

・3走すべて上り最速

3走すべてで、上り最速で勝ち上がってきたことも強調材料でしょう。今回の舞台となる阪神も2走目で対応できていますし、パワーのいる中京で新馬戦を勝っていることもプラス。阪神外回りで存分に末脚を活かせるでしょう。

不安材料(-_-;)

・前走G2勝ちも相手関係が。。

ただ、どのレースもインパクトに欠けるレースだったというのが、正直なところです。器用さは武器ですが、ほかの有力馬に比べると爆発力が足りない印象。阪神外回りで追い比べになると厳しいのかもしれません。

3頭の中で最も有力だと思う馬は?

この馬です⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在11位くらい。お手数おかけします!)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です