弥生賞2018回顧と金鯱賞2018注目馬

スポンサーリンク

サンリヴァル!!!!!

よし!藤岡!追え!よし!

大丈夫!もうゴール!お!!ワグネリアン、交わせ!!!

よし、2着もある!!

あー、3着か、でもまあいい!!!よし取った!!!!

と、

思った弥生賞の直線でしたが、、、

ジャンダルムにも交わされてしまい、4着・・・・。中山の坂はほんとこわい。

もちろん、ほぼ想定通りに運んでくれた藤岡騎手の騎乗は攻められませんし、最後は馬の力の差か武豊騎手が巧さとしか言いようがありません。

ただ、ジャンダルムは血統的にはいずれ距離の壁が出てきそう。切りがいのある馬ではありますので、これからも嫌っていきたいタイプです。(そんなこと言って、去年のダンビュライト臭がしないわけではないですけどw。)

勝ったダノンプレミアムは、あっさりと2000mもこなせてしまいました。これで、皐月賞の1番人気はほぼ確定かな。当然、今回よりも前が速くなるので展開的には厳しくなるかもしれませんが、崩れるまでのイメージは今のところ持てませんね。

一方心配なのはワグネリアン。相変わらずの福永騎乗ということで、本番もこんな競馬をしそう。ならば、勝利どころか掲示板にのるかのらないかの結果になってしまいそうですね。

3強の一角だったオブセッションは、7着。4コーナーで制御が効かずに外に膨れ上がる、皐月賞のドゥラメンテのような走りでしたが、そこからの伸びはありませんでした。

もちろん、前走の走りを見る限り並みの馬ではないのかもしれませんが、これで皐月賞出走は厳しくなりそうですね。藤沢厩舎ですから、青葉賞からのダービーというお得意のローテでしょうか。シクラメン賞の走りは、本当に素晴らしかったので、復活してほしいです。

厳選3レース予想はスランプを脱せず。。

さて、先週は厳選3レース予想も、今週もまたふがいない結果になってすいません。。。スランプを脱しようと試行錯誤しているのですが、ちぐはぐな結果が続いています。ご購読いただいている方に陳謝と感謝の念を感じながら、今週も頑張るしかありません。

金鯱賞2018の注目馬

今週は、大阪杯の前哨戦、金鯱賞。去年はヤマカツエースが勝利して、たった4ヶ月の間に金鯱賞連覇という珍記録を達成したレースですが、今年は予想外の好メンバーに。

サトノダイヤモンドとスワ―ヴリチャードの対決が早くも実現します。

さらに、ここに小倉大賞典を圧勝したトリオンフが登録馬に名前があったのでマジか!と思いましたが、田辺騎手で大阪杯直行という記事も出ていて、回避濃厚なのは残念。ただ馬のことを思うとここで底を見せない分、馬券的にも大阪杯直行の方が面白そうです。

個人的に注目したいのはこの馬。

この馬⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在30位くらい。お手数おかけします!)

ほんと、個人的に現役では好きな馬の1頭でもありますし、この条件ならサトノやスワ―ヴを負かしてもおかしくないと思いますが、どうなるでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です