ユニコーンS・函館スプリントS回顧+宝塚記念2017注目馬

スポンサーリンク

こんばんは。最近、週中の更新が滞りがちですいません。

今謎に仕事がプレゼンラッシュでして、平日はどうしてもこちらに手が回らず。。もう少しすれば、またちゃんと週中の更新も再開したいと思ってます。

さて、先週は函館開催が始まり、いよいよ夏競馬が始まった雰囲気になってきました。

その中で行われた2重賞でしたが、結果は1勝1敗。先週に続いてパーフェクトとはいきませんでした。

まずはユニコーンS。

1着:○サンライズノヴァ
2着:△ハルクンノテソーロ
3着:◎サンライズソア

こちらは本命対抗が3着1着に入り、なんとか3連複的中。最後4着馬に交わされそうになってひやひやもんでしたが。。

ここは、1番人気のリエノテソーロが正攻法の競馬をしながら直線で失速。予想時にも書いた通り、芝よりもダートの方が力を問われる分、馬格のある牡馬との差は開いてしまった感じでしたね。

それにしてもサンライズノヴァは2着に4馬身をつける圧勝ぶりは驚き。もちろん前走の競馬を見ていても、強いのは明らかなのですが、なんか今年の3歳ダート路線は、それぞれの馬が1戦ごとに見せるパフォーマンスがバラバラですね。

サンライズノヴァは、3走前の伏竜Sではリゾネーターに完敗していますが、そのリゾネーターは兵庫CSで惨敗してしまい、そこを勝ったタガノディグオには、サンライズノヴァは勝っています。

接戦ということではなく、各レースで大差がついてのものなので、ほんと力関係がよくわからない苦笑。

もちろん、その頂点にはまだまだエピカリスが君臨しているとは思いますが、この後レパードSにはどのような馬が出てくるのでしょうか。今年は芝よりもダートの方が群雄割拠という感じで、予想的にも面白いです。

一方外れたのは、函館スプリントS。

1着:△ジューヌエコール
2着:▲キングハート
3着:☆エポワス

近走抑えて結果を出せなかった◎シュウジは、今回は抑えない競馬でのびのびと走らせた結果32秒2というハイペースに。最後はスタミナがもたずに失速してしまいました。もはや、阪神カップのようにわざと出遅れるくらいの戦法を取らないともはや難しいのかもしれませんね。しかし、テンのスピードは確かなのでそれを殺すというのはいささか疑問。個人的には、アイビスサマーダッシュに出てほしいくらいなんですが。。

勝ったジューヌエコールは、函館滞在のトラックマンがやたらと本命に推していたのだそう。それほどデキが良かったのでしょう。去年に引き続いて50キロの3歳牝馬が勝ちました。この傾向を見越して来年はやたらと3歳牝馬が参戦してきそうですね。

さて、今週は上半期競馬の総決算、宝塚記念。

キタサンブラック以外の有力馬たちが続々と回避で、一強ムードが強まっていますが、どうやら週末は雨模様。ならば、この馬の逆転!なんてことは無いのかなぁ。と密かに思ったりもしています。

この馬⇒人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在32位くらい。お手数おかけします!)

まあ、人気は落ちないでしょうけどね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です