大阪杯&ダービー卿CTダブル的中!も反省多い週末。土日厳選3レース回顧します。

スポンサーリンク

まずは桜花賞の本命候補馬を挙げておきます!

この馬です⇒
人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在11位くらい。お手数おかけします!)

当然ではあると思いますけど、2強のどちらかと言われればこちらでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんは。(今日はちょっと長文になりますが、お付き合いいただければと思います)

先週の重賞予想は、土日連勝を飾ることができました。

まずは土曜日のG3 ダービー卿CT

1着:◎ロジチャリス(5番人気)
2着:△キャンベルジュニア(1番人気)
3着:▲グランシルク(2番人気)

馬単4,820円&3連複2,100円的中!

日曜日のG1 大阪杯

1着:◎キタサンブラック(1番人気)
2着:○ステファノス(7番人気)
3着:☆ヤマカツエース(4番人気)

馬連2,320円&3連複4,830円的中!

回顧はとくに必要ないでしょう。どちらもほぼ予想記事に書いた通りのレースになったと思います。

そして、、普通なら、絶好調!! と書くべきかもしれません。

でも、正直落ち込んでいます。

たしかに、重賞を当てることができたことは気持ちいいです。

ただ、厳選3レース予想が当たらないのはその2倍・3倍つらいのです。

やっと仕事も繁忙期を抜けて落ち着いてきたので、今週は厳選3レース予想の振り返りもやってみます。

理由としては2つあります。ひとつは、購読いただいた方々に対して回顧なくそのまま放置しておくだけでは、やはり失礼だと感じること。

もうひとつは、自分なりには自信をもって予想しているので、やはりきっちりと答え合わせをして、この敗戦を糧として次に活かさないといけないと思ったからです。

ご購読いただいた方もそうでない方も、予想内容もすべて引用掲載しますので、参考にしてください。

まずは、土曜日の回顧から行きます!

●第1戦目

●中山8R 4歳上500万下 ダート1800m(14:00発走)

今日の中山ダートは朝の時点ですでに不良馬場。天候的に回復も見込めそうにないので、終日不良馬場で行われる可能性は大きいと思います。

そうなると、やはり前に行った馬が有利になるのがセオリー。その中で中山8Rでは単騎先頭が見込めるトゥルーウインドを信頼したいと思います。前走は休み明けながらスッとハナにたって、直線途中までは押し切ろうかという見せ場たっぷりの内容でした。叩き2戦目で、今回も同じような逃げ馬もいない状況なら、前走のような競馬を再現できる可能性は十分。前が止まらない馬場のアシストを受ければ、勝てるでしょう。

相手筆頭は前走トゥルーウインドと同じレースに出走していたイントゥザターフ。出遅れから追い込んだ鋭い脚は見どころがあり、渋った馬場ならディープインパクト産駒の切れ味を発揮しやすくなります。もしかすると差し切ってしまうシーンがあるかもしれません。

切ってはいけない!馬は、ツクバイーメーカー。この馬も上記2頭と同じレースに出走していましたが、長期休み明けにもかかわらず、最後まで差のない競馬でした。弱くなってきた500万下では、たたき2戦目で前進見込めるでしょう。

ここは、買ってはいけない!人気馬はいません。

結論
◎14 トゥルーウインド
○11 イントゥザターフ
▲2 ツクバイーメーカー…切ってはいけない穴馬

馬券
単勝:◎(1点、5000)
馬単:◎⇒○▲(2点、各500)
馬連:◎ー○▲(2点、各500)
3連複:◎○▲(1点、500)

結果は

1着:◎トゥルーウインド(1番人気)
2着:○イントゥザターフ(2番人気)
3着: カムイ(11番人気)

単勝310円・馬連660円・馬単1,220円的中!

ここはすんなり逃げられさえすれば、力上位かつ馬場のアシストを受けるトゥルーウインドの単勝は堅いと思って、珍しく8レースから選択しました。

結果的には読みズバリ的中。直線では後続をなんなく置き去りにして圧勝しました。今回はすんなりスタートを切れたイントゥザターフも上位の力を示して2着。本命対抗で決まって気持ちよかったです。

ただ惜しむらくは、予想段階でトゥルーウインドの単勝は5倍以上ついていたのですが、結果的に3.1倍まで進んでいたことです。配当を確認したときは喜び半減でしたが、まあこれは仕方ありません。

●第2戦目

●阪神11R コーラルステークス ダート1400m(15:35発走)

スマートアヴァロンが圧倒的1番人気を集めそうですが、ここは嫌ってみる価値はありそうです。というのは、追い込みタイプの馬なので、当然、今日のような渋った馬場状態では相対的に不利。加えてハンデ戦なので、ほかの馬たちとハンデでその差が詰まる可能性が高くなります。重馬場成績は(1,1,2,0)と馬券圏内は外していませんが、それを込みの人気になりますし、これらは1600万下クラス以前の成績。オープンのこのメンバーなら崩れてもおかしくないかなと思います。

そこで、本命はサウススターマンにします。安定感ある先行力で、関西圏内の競馬場では抜群の安定感を誇ります。今回も当然先行できるでしょうし、重馬場も苦にしません。何より近走充実ぶりを増してきたとのことで、前走よりも3キロ減る54キロの斤量ならこの相手なら連勝できる力はあります。

相手は、叩き2戦目のキタサンサジン。前走はハイペースに巻き込まれましたし、走らない休み明けでした。同じ逃げ馬にシゲルカガがいますが、2番手からでも競馬ができるタイプ。枠も外からなのである程度マイペースで運べるでしょうし、今回は前進あるでしょう。

3番手はダノングッド。この馬も先行タイプで、サウススターマンを下したこともあります。近走の不振は、もまれ弱い部分が出たことが大きいと考えられ、今回の大外枠は絶好。再び激走に期待できます。

4番手に、切ってはいけない!穴馬としてあげたいポメグラネイト。大型馬で絞れるのに時間がかかりましたが、前走は久々の560キロ台まで減らすことができました。そろそろ走ってもおかしくない状態になり、1400mで3勝しているようにこの距離がベスト。一変があっていいでしょう。

結論
◎7 サウススターマン
○15 キタサンサジン
▲16 ダノングッド
☆1 ポメグラネイト…切ってはいけない!穴馬

買ってはいけない!⇒スマートアヴァロン

馬連:◎ー○(1点、2000)、◎ー▲☆(2点、各1000)
馬単:◎⇒○▲☆(3点、各500)
ワイド:◎ー▲☆(2点、各1000)
3連複:◎ー○▲☆(3点、各500)

結果は、

1着: スマートアヴァロン
2着: マッチレスヒーロー
3着:○キタサンサジン

◎サウススターマン⇒4着

ここは、買ってはいけない!にしたスマートアヴァロンが圧勝。2着も抜けとひどい結果になりました。

あまり馬場の回復が見込めないと思ったのですが稍重まで回復したことも、差し馬同士の決着に影響したのかもしれません。

◎サウススターマンは勝負どころの行きっぷりの悪さが目立ちましたね。クラスが上って他馬とのスピードの差が出たのでしょうか。それでも馬群をついて最後まで伸びているあたりはさすが。じり脚タイプなので良馬場のほうがよさそうです。

ポメグラネイトは不振が長いですね。そろそろ復活してほしいのですが。。

第3戦目

●中山12R 4歳上500万下 ダート1200m(16:25発走)

ここも先行有利と見て、ラスカルグレイの逃げ切りに期待します。ここ2走が直線途中までは先頭に立つ好内容。最後は後続につかまりましたが、今日のような渋った馬場なら粘りが増すはずです。さらにメンバー構成的も、ここ2走よりは楽になる印象。すんなりハナに立つことができれば、そのまま押し切るシーンが見られそうです。

なので、ここはラスカルグレイの単勝で楽しみたいレースですが、相手を考えれば、ハヤブサレディゴーで仕方ないでしょう。前走は出遅れながらじり脚で2着まで追い上げてきました。本来はこの馬も逃げ・先行馬ですし、こちらがハナを取ってしまうと押し切られてしまう可能性はあります。ただ、ここ2戦は牝馬限定戦ということもあってメンバーレベルが低い可能性があり、こちらの評価を下げました。

切ってはいけない!穴馬は、アルマクレヨン。前走は芝のレースながら2着に好走。芝のスピード勝負にも対応できた点が、今の不良馬場で活きそうで要注意だと思います。

買ってはいけない!人気馬はレレマーマ。マカヒキの兄ということで血統的に注目される馬ですが、順調になかなか使われてきていないのが難点。新馬戦を圧勝した経緯から、能力があるのは間違いないのですが、今回の不良馬場で1200m、さらに内枠と、なかなか厳しい条件が揃いました。ここはバッサリ切ってみます。

結論
◎11 ラスカルグレイ
○8 ハヤブサレディゴー
▲6 アルマクレヨン…切ってはいけない!穴馬

買ってはいけない!人気馬⇒レレマーマ

馬券
単勝:◎(1点、5000)
馬単:◎⇒○▲(2点、各500)
馬連:◎ー○▲(2点、各1000)
3連複:◎○▲(1点、500)

結果は

1着:○ハヤブサレディゴー
2着: ノボホウセイ
3着: ウエスタンレオーネ

◎ラスカルグレイ…14着

メンバー的に◎ラスカルグレイが逃げられると思っての本命でした。しかし、スタートから時計の早いダートには向かなかったのでしょうか。行き脚つかず中団前目まで下がってしまいました。こうなると万事休す。スタート直後ではずれを確信してしまいました。。

その代わりに、前走は出遅れたハヤブサレディゴーが今回はスタートを決めてスピードの違いで先行。こうなると、中山ダートの前残り馬場ということもあって、そのまま押し切りました。4コーナーで追い出しに一呼吸置いた吉田隼人騎手の手綱さばきもうまかったですね。

その他も先行策をとった馬たちで決着。やはり中山ダートは良馬場時より前残り決着が多かったですね。

買ってはいけない!にしたレレマーマは、馬券圏外になったものの4着まで好走。道中の行きっぷりは悪くなく、ただ、この馬はマカヒキやウリウリの兄弟なので過剰人気は必至でしょう。結果的には嫌って吉の馬だと思います。

では、日曜日に行きます!

第1戦目

●阪神9R 御堂筋ステークス 芝2400m(14:25発走)

毎度おなじみの少頭数の長距離準オープン戦。そろそろこのクラスも落ち着いてきて、ここで勝ち上がってもオープンで通用するかなと思わせる馬が多くなってきていますが、その中で光る馬が1頭います。それは、サンタフェチーフ。去年の秋に休養明け後、直線だけで他の馬を突き放す強い内容で2戦連続圧勝。別馬になった今回、このメンバーなら昇級の壁もなくあっさりといったシーンがあると思います。

相手はサラトガスピリットで良いと思います。じり脚でなかなか前を捕まえきれないシーンが2戦続いていますが、今回は武豊騎手に乗り替わりでさらに、2勝を挙げている休養明けなら馬券圏内には来てくれると思います。

3番手はノーブルマーズ。マイペースで逃げてどこまでというタイプですが、今回もこの馬のペースで進められそうなメンバーですし、前走は内の馬場が悪かったことが敗因のように思います。まだまだ内の残る今の阪神なら粘りこめておかしくないでしょう。

あとは阪神なら8戦して馬券圏内のを外していないエイシンハドソンも抑えます。2走前の江坂特別では、シャケトラと接戦を演じたリッチーリッチーに勝利しましたし、得意の舞台に戻れば一変あっておかしくないでしょう。

ここはアルターを「買ってはいけない!」にします。たしかに準オープンに入った去年の秋以降、2着・3着・2着・3着と常に馬券圏内に入ってきていることは評価できますが、どのレースも勝ち馬に迫るほどのレースができていません。切れる脚がないのがこの馬の難点にもかかわらず、しかも少頭数でもいつも後ろから進めるので、着を拾うのがやっとという感じです。良馬場でまだ内側がよさそうな今の阪神の馬場にあって、今回こそはキレ負けしそうな気がします。思ったよりも人気なので、ここはバッサリ切ってみます。

結論
◎3 サンタフェチーフ
○4 サラトガスピリット
▲5 ノーブルマーズ
☆2 エイシンハドソン

買ってはいけない!⇒アルター

馬券
馬連:◎ー○(1点、3000)、◎ー▲(1点、1500)
馬単:◎⇒○▲(2点、各1000)
3連単:◎○▲(1点、1500)、◎○☆(1点、1000)

結果は…

1着: アルター…買ってはいけない!
2着:◎サンタフェチーフ
3着:○サラトガスピリット

予想にも書いた理由からアルターに死角を感じたのですが、結局3強の決着かつアルターがアタマで来てしまいました。サラトガスピリットの方が前目に瞬発力勝負何しろルメール騎手が完璧に乗りましたね。

サラトガスピリットは勝負所でとじこめられてしまう不利がありました。これは武豊騎手をうまく押し込めたルメール騎手の勝ち。

サンタフェチーフもきちんと乗られたのですが、競り負けての2着。これもアルターの持続力ある末脚を信じてもっともはやく仕掛けたルメール騎手の勝ちでした。

4着の▲ノーブルマーズは力通り。少頭数になりやすい1600万下の長距離戦では、ペースとメンバー次第では勝ち上がれるかもしれませんが、それ以上は厳しいでしょう。

第2戦目

●中山11R 船橋市市制施行80周年記念 芝1200m(15:30発走)

昨日のレースを見ている限り、中山芝は完全な外伸び状態に変化。今日馬場が渇いて再びフラット傾向に戻るかもしれませんが、レース映像に映る芝を見ている限り、内側はやはりボコボコ掘れている印象を受けます。しかも、今回は多頭数の混戦模様。ペースはそこそこ流れそうですし、外から動ける自在性のある馬に分があるとみて、馬券を買いたいと思います。

そこで本命はダイワダッチェス。先行しても差しに回っても結果を残している馬ですし、中山成績も2着2回、3着1回。ワークフォース産駒ということで今のような力のいる中山馬場はぴったりのタイプです。前走は切れ味勝負に屈した形ですが、1200mなら惰性で流れ込めそうですし、G1デー裏開催の戸崎騎手なら信頼も大。まず馬券圏内に入ってくることを期待します。

相手筆頭も同じく自在性を持つオーヴィレール。しかも、良馬場でも重馬場でも対応できる脚がありますし、前走の差し足も際立っていました。パワーのいる馬場にも対応できるでしょう。ただ、初の中山ということで若干割り引きました。

三番手も外枠のアレスバローズにします。前走も大外枠からの発走でしたが、好スタートから一気に前にとりついて、シゲルノコギリザメを直線で振り落とす横綱相撲の競馬。逆に包まれると競馬がしにくいとのことで昇級初戦でもスムーズなら勝ち負けになるのではないでしょうか。

切ってはいけない!穴馬は、アルティマブラッドにします。前走は好スタートから行きたがってしまい、そのパワーを松若騎手が制御できませんでした。今回は多頭数になって前に馬を置いて運べそうですし、渋った馬場も問題ないパワータイプ。2走前の競馬ができればここでも好勝負可能でしょう。

混戦なので他にもいろいろと手広く買ってみたいところですが、切りがないので印はここまでにします。

買ってはいけない!馬は、レーヴムーンにします。行き脚つかないタイプで今回は馬場の悪い内枠に入ってしまいました。おそらく後ろに下がって外を回す競馬になると思うので、ここはロスが多くなって厳しいと思います。

結論
◎13 ダイワダッチェス
○14 オーヴィレール
▲15 アレスバローズ
☆7 アルティマブラッド…切ってはいけない!

買ってはいけない!⇒レーヴムーン

馬券
馬連:◎ー○(1点、2000)、◎ー▲☆(2点、各1000)、○▲☆ボックス(3点、各500)
馬単:◎⇒○▲☆(3点、各500)
3連複:◎ー○▲☆(3点、各500)

結果は

1着:☆アルティマブラッド…切ってはいけない!
2着: レーヴムーン…買ってはいけない!
3着: シゲルノコギリザメ

◎ダイワダッチェス…14着

土曜日は雨の影響で完全な外差し馬場になったことから、日曜日もその傾向は続くだろうという予想で、外枠2頭を狙い撃ちしましたが、各馬思ったよりも外々回ったことと、前半のペースが遅かったことで、前で粘ったアルティマブラッドの勝利。ハッピーエンドカップに続く勝利で中山適性の高さを示しました。

しかし、内は伸びないとして切ったレーヴムーンが2着。。

各場

第3戦目

●阪神12R 鳴門ステークス ダート1400m(16:25発走)

ダートの準オープンにしてはやや低調なメンバー。なので、ここは切ってはいけない!穴馬を本命にして勝負してみます。

その馬はロードフォワード。最近はダートの中距離を使われてきましたが、じり脚で差し届かずという競馬が続いて崩れずも勝ち負けまでは。。という競馬が続いてしまいました。そこで今回は距離短縮で1400mに参戦。鞍上がデムーロ騎手に戻って、気の抜けない競馬をさせれば変わり身を示す能力はあると思います。

相手筆頭はソーディヴァイン。前走は得意の阪神に戻って2番手から最後抜け出して押し切る強い競馬。ややかかり癖があるので、クラスが上がったほうが競馬しやすそうですし、戦ってきた相手からも差はないはずです。

3番手はカネトシビバーチェ。前走は復活の兆しを感じさせる4着。もともとスマートアヴァロンやエイシンバッケンと接戦を演じてきた馬なのでここなら力上位なのでそろそろ出番があってもと思います。

4番手にプレスティージオ。前走は大崩れしましたが、それまでの戦歴から度外視でOK。外目の枠からスムーズに回せそうなのは有利で、放牧明けで立て直した今回なら再び好走の可能性も十分でしょう。

あとは新人騎手鞍上で人気を落としそうなペプチドウォヘッドも能力があり、ヨシオもまだ見限れません。追い込み一手ですが、メイショウアイアンやヒロブレイブも流れが向けば馬券圏内に来れるでしょう。

混戦なので、ここは買ってはいけない!人気馬はありません。

結論
◎14 ロードフォワード
○8 ソーディヴァイン
▲6 カネトシビバーチェ
☆15 プレスティージオ
△16 ペプチドウォヘッド
△12 ヨシオ
△3 メイショウアイアン
△4 ヒロブレイブ

馬券
3連複:◎○ー▲☆△(6点、各300)、◎ー○▲☆ー○▲☆△(15点、各300)、◎ー○▲☆△(21点、各100)

結果は、

1着:☆プレスティージオ
2着: ダノンフェイス
3着:○ソーディヴァイン

◎ロードフォワード…15着

もっと人気薄だと思ったのですが、ロードフォワードはまさかの5番人気。ほんとデムーロ人気というのはすごいですね。そして、レースでは距離短縮ながら先団にとりつく競馬をして、さすがデムーロ!と思わせたのですが、最後はスタミナ切れになっていました。息をつかせぬ展開が仇になった形。4つのターンで息をつかせる競馬の方が良かったのでしょう。

勝ち馬はプレスティージオ。前走は大きく敗退しましたが、リフレッシュ放牧で立て直しましたね。ただ、気分よく行かせてこそなので、次走内枠だとかなり疑問。ダートのオープン馬はレベルが高いので、昇級では厳しい気がします。

ダノンフェイスは相変わらずのじり脚。今回のメンバーは相当弱かったので、次走そこそこのメンバーがそろった中での人気ならこちらも消して妙味ありですね。

回顧は以上です。

いかがでしたでしょうか。重賞2勝で、十分プラス収支で終えられた週末だったのですが、ほんと厳選3レースを当てられずすいませんでした。

今週こそは、この回顧で的中連発!!と報告できるように頑張ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です