京都記念&共同通信杯回顧+フェブラリーS2017注目馬

スポンサーリンク

すいません。。。

先週末の重賞、京都記念と共同通信杯はどちらもハズレ。3日間開催の最後小倉メインでこそ、〇アレスバローズ◎シゲルノコギリザメの2頭のみの印でワンツー決着したものの、◎シゲルノコギリザメのアタマを重視してしまい、馬連はきっちりとれたもの大きなプラスにはなりませんでした。まさに、調子の悪さを露呈した的中。。これで2週連続いいところなしで、期待して厳選3レースをご購読いただいた皆様には、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

長年競馬をしていると、このようなスランプという時は必ず来るのですが、購読いただいている皆様がいる限り、言い訳にはできません。東京・京都開催が早くも最終週を迎える今週こそは、2週分のリベンジを果たせるように会心の的中を仕留めたいと思います。

さて、反省をふまえて、重賞を振り返っておきます。

京都記念は、3強の中で唯一切ってしまったサトノクラウンが勝利。

切ってしまった理由は、「去年ほどの雨馬場ではなかったこと」、「香港での勝利もタイムが遅いこと」から、極端に時計がかからないと厳しいというものでした。しかし、ヤマカツライデンが大逃げをうったことで、上りがそこそこかかる展開になりました。そこで、デムーロ騎手の気を抜かせない騎乗にこたえて、じり脚ながら最後までしっかりと伸びることができました。

今回はかなり展開が向いたこと、そして、3歳時また去年の活躍ぶりから冬場にも強いのかもしれません。サトノの勢いが止まらない!という表現が各スポーツ紙でされていましたが、正直、これで大阪杯ではまだやっぱり買えないというのが、今のところの見解です。(ただし、雨が降れば買いますw)

ダービー馬マカヒキは、結局スマートレイアーにさえ差されてしまい3着。休み明けの分や展開面、馬場状態などを加味すると十分言い訳のできるレースとはいえます。ただ、やはり現状では国内に専念したサトノダイヤモンドとの差は開いてしまった印象も否めません。

本命のミッキーロケットは、まさかの出遅れ。その後挽回しようにもなかなか自分から動けずに、結果は4着。もちろん、出遅れが大きな敗因ですし、この馬は次走巻き返せる番でしょう。このまま大阪杯に進んでも、少なくともサトノクラウンよりは評価が上です。

共同通信杯は、▲スワーヴリチャードが勝利

今回はスタートも決まって、鞍上の追い出しにも素直に反応。つけた着差を考えれば、いちやくクラシック候補の誕生を予感させました。近年、上位馬が皐月賞を勝つ傾向にあるこのレースですが、今年もライバルとなるレイデオロが調整で一頓挫あった状況ですし、その可能性は十分ですね。

土曜日のクイーンCを勝ったアドマイヤミヤビも、同じハーツクライ産駒。リスグラシューも同じですし、今年はディープ産駒が低迷する中、牡馬牝馬ともにハーツクライ産駒の当たり年なのかもしれません。

本命に推したムーヴザワールドはやっとこさの3着。期待した成長力はあまり感じられませんでしたね。これで賞金は残念ながら足りませんし、春のクラシックを必死に狙いに行くことはせず、おそらく陣営は秋以降に向けて切り替えるような気がします。神戸新聞杯あたりでは面白い存在になっているのではないでしょうか。

フェブラリーステークス2017の注目馬

この馬です⇒
人気ブログランキングへ
(リンク先のけいば手帖の説明文に書いてあります。現在15位くらい。お手数おかけします!)

東京マイルに戻れば前走のようなことはないでしょう。鞍上も好調とくれば当然注目。あとは枠次第ですね。ただ、ほんと最近の東京ダートの傾向が異常。断然人気を背負ったイーグルフェザーもアルーアキャロルもぶっ飛んでしまいました。正直よくわからないことになっているので、そこあたりは今週しっかりと見直して臨みたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です