京都10R八坂ステークスを馬連で1点突破!

スポンサーリンク

おはようございます。まずは例によって、このコーナーから。

京都10R八坂ステークスを馬連で1点突破!

神戸新聞杯でも人気を集めたナムラシングン、このクラスですでに勝利しているストーンウェア、1000万下で強い勝ち方をしたノガロ、重賞でも差のない競馬をしたアカネイロなど、準オープンにしてはかなりの好メンバーが揃った1戦。その中でも、やはりナムラシングンの強さに期待します。前走は距離の壁を感じさせる負け方で、菊花賞を回避。1800mのここにぶつけてきました。皐月賞7着と、ハイレベル3歳馬の中でもベスト10には入る馬で、ここは通過点でしょう。

相手は、前走の敗戦でそこまで人気落ちはしないようですが、ノガロでいきます。前々走が何もかもうまく行き過ぎた感もありますが、強い内容でしたし、1600万のこのメンバーでも十分通用するはず。シュタルケに乗り替わって、追えるタイプの方がよさそうで、前々の競馬から最後までしぶとく伸びると思います。

結論
◎ナムラシングン
〇ノガロ

◎ー○の馬連1点。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です